2017年5月27日土曜日

VESAマウントをテレビに付ける

母の転所に伴い、身の回り品がある程度自由になるため、TVも大型のものに変更します。

ベットサイドテーブルも利用できるように調整しているので、ベットサイドテーブルからTVが落ちないようにVESAマウントを利用します。

ただ、通常のVESAマウントは75mmもしくは100mm平方のネジ止めなのですが、TVだと100mmx200mmのマウントになるため、マウント変換アダプターが必要です。

で、変換アダプタをVESAマウントにつけましたが、なんとTV用のネジが変換アダプターのネジ穴を通りませせん。



仕方ないのでドリルでM4からM6に穴を拡張します。



ただ、このハンドドリルではパワー不足だったので、結局ボール盤で拡張しました。

拡張すると難なく取り付けができました。しかしこの200mmx100mmの規格ってなんなんでしょうね・・・






(机の上が汚なすぎですw)

2017年5月26日金曜日

ウッドデッキプロジェクト

前からやりたかった、というかスノコくらいの知識しかなかったのでグダグダでしたが、ウッドデッキを作りたくなって来ました。

セダンで合板を運んだり長尺ものを運ぶのはこのプロジェクトの影響もあるんですよね。
まぁ、まだイメージだけですが。











2017年5月25日木曜日

セダンで合板(plywood )を運ぶプロジェクト

Myフーガ君は荷物の運搬に制限があり、望遠鏡が乗らなかった一件だけでなく、最近は大型の木材等の購入を躊躇する事がままあります。

1810mmの2x6辺りであれば、トランクのセンタースルーを通して運搬出来ますが、合板の1810x910mm辺りになるとどうしようも有りません。

軽トラを借りるといっても勝手が分からず、マニュアル車だと完全にお手上げになります。車を買い替えるには色々と課題もあります。

しかし最近はどうしても合板や1810mm以上のサイズの材料を扱いたくなり、頭をこねくり回しつついろいろ検索していると、2004年の古いフーガ用のキャリアセットが1セットのみ安く売っているのを発見。

すかさずポチりました。


取り付けも簡単に出来ました。

ところがこのまま走って見ると、60km/h辺りから物凄い風切音がします。これは頂けない。

Amazonで検索して見ると対策品としてフェアリングなるものが売っていました。本体の半額くらいでしたがここまでくると購入するのみです。


風が強いとまだ鳴きますが、だいぶ静かになりました。

しかしこれだけでは合板は乗りません。さてどうしたものか。

2017年5月24日水曜日

リアルすごろくが凄すぎる件

本日の午後は仕事の休暇を取り、転倒でタンコブの出来た母の様子見に向かいました。

2時半から歯科受診もあったので急いでいたのですが、なんと神田駅で山手線が停止。どうやら新橋で京浜東北線の人身事故らしい。

皆神田で降りて行くので、「しょうがない秋葉原まで歩くか」と降りて見ると、なんと銀座線が神田駅まで来ていました。

コレは余裕だろうと、振替乗車を使って銀座線で上野へ(振替乗車可能かはアナウンスしてください=>JRさん)。

銀座線で上野駅につき、階段を登りJR上野駅の改札をくぐると常磐線ホームです。ホームに着くとなんと9番線で出発ベルが。急いで飛び乗りました。

しかしどうも様子が違う。

な、なんと9番線に品川まで行く逆方向の常磐線(上野東京ラインともいう)が乗り入れており、そのまま上野から東京に連れ戻されてしまいました。

ありえねー。普通9番線は勝田行きとかだから。5,6,7,8番線使ってくれよ。ほんと。
せっかく上野駅まで来たのに、そのまま大混乱中の東京駅に引き戻されてしまいました。もう愕然です。

仕方ないので無い頭をフル回転。まず東京から上野に行く地下鉄はない。次に新橋まで行くと銀座線があるが、振り出しに以上に戻る羽目になる。しかも人身事故の震源地。これはいかん。考えのまとまらないまま東京で降りたところで閃目きました(そうだ中央線に乗ろう)。

ということで、東京駅から中央線で再び神田駅に到着。しかし改札を出てみると銀座線がない....(なんでやねん)。

そう、南口で降りたのでした。しっかり書いてありました「銀座線は北口まで回って下さい」て・・・

もちろんダッシュしましたよ。そしてまた銀座線で神田から上野へ(リアルデジャブ)。そしてようやく常磐線に乗れました。

急がば回れ(違う!)
大きく振り出しに戻ったリアルスゴロクという感じでした。めでたしめでたし(疲れた...)

PS.施設についてみると歯医者の予約がすっ飛んで無くなっていました。しかもその後精神障害者手帳の様式を市役所で取得し、戻ってみると窓口がクローズ。なんという一日(半日か・・)だったのでしょう。まぁ、こんな日もあるさ。あとはボットしていよう・・


2017年5月4日木曜日

春を実感する日々

庭の春菊が巨大化し困っていましたが、ついに花が咲いてしまいました。



これだけ巨大化するとゴミ捨てだけでも大変です。
(どうも柏市は無料のようですが、有償にしたほうがいいと思う)

そこでシュレッダを購入しコンポストで肥料にすることにしました。


これ、もう少し細かい雑草もシュレッダーしてくれるのかと思いましたが、枝状のものでないとダメなようです。まぁ無いよりいいです。

ただ、このまま投入すると水分がありすぎてハエが湧いてしまうようです。
仕方がないので、乾燥して別のコンポストに少しづづ移そうとコンポストを追加購入しました(左)。


柏市は、コンポスト購入費用を半額支給してくれるそうなので、早速申請しました。しかしシュレッダーは対象外です。どうも納得いかないけれどしょうがない。

春なので春菊だと実感しましたが、それ以外にも続々と生えてきます。わけわからないツル植物は、どうやらサヤインゲンだったようです。



アヤメも生えてきます。


これは、牡丹のようです。


とりあえず、春の恵みを食べて見ました。


麻婆豆腐になりました。



2017年4月29日土曜日

洗面化粧台シャワーヘッドの取り付け角度を変更して見た

前回、ネジ径をレジンで修正し、ネジピッチを切りなおして取り付けたシャワーヘッドは、取り付け位置からの角度の仕様により、奥の方に水が落ちてしまいました。



角度を変更するにしても、本体をぶった切るわけにもいかず、間に角度変更用のアダプタを取り付けることにしました。

初めは29mmの塩ビ管で挑戦です。

しかし、いきなり内径が細すぎて管が入りません。そこで26mmのビットで内径をドリルします。その前に固定しなくてはいけませんので30mmのボアビットで円形に削り木工ボンドを流し込んで固定しました。


26mmのドリルで内径を削ります。綺麗に削ることができましたが途中でワークが回転をし始めてしまい、手で押さえる羽目に。非常に熱くなったので適当なところで削るのをやめました。



ヘッドの回転を止める切れ込みを入れてヘッドを入れるとピッタリです。


角度を決めて、バンドソーでカットします。




で、取り付けてみると・・・角度が変わりません・・・なんで・・・

原因は、内側のネジの頭が内径に干渉していることが判明。ただ、少し引き出すと細いホースの部分で角度を変えることができます。そこでもう少し長いアダプターを作ることにしました。


内径を削るのが面倒くさいので、塩ビからアクリル管に変更しました。これは外径30mm、内径27mmという感じでしょうか。


同様にリュータとバンドソーで丁寧に削ります。

仮付けしてみるとやや角度がありすぎたので、少し削り直し角度調整もバッチリです。


根元をレジンで接着し完成です。レジンは紫外線ですぐ固まります。瞬間接着剤より瞬間という感じ。便利すぎだわ。

2017年4月24日月曜日

馬の改良と2匹の馬

1台作ったSaw horseですが、横渡しのフレームの2x4材が歪みに歪んでおり、作り直すついでに木組みにして見ました。

とは言っても端っこだけのなんちゃって木組みです。


まず、横渡しのフレームの端を2x4サイズに合わせ幅39mm、深さ19mmを丸ノコで削ります。あまりものWood Dustのため、もう一方はバンドソーで切ろうとしましたが、ドリフトもあり失敗しました。やはり直線は丸ノコ出ないとうまくいきません。


足の間のフレームの切り込みは丸ノコを使えないのでバンドソーで切ります。90度回るところはあらかじめボール盤で穴を開けておきます。


はめ合わせた結果は以下の通り。ちなみに手前の節はカットするときに外れそうになったので接着剤で接着しています。ホワイトウッドは歪みの他にもこれだから嫌です。


でフレームをコーススレッドで止めていきます。ぴったり収まりました。


で、もう一脚も同様に作成。Saw horseはこれにて完成(のはず)。

2017年4月22日土曜日

レジンでタイムラインを遡る

5千円もするシャワーヘッドのネジ切りに失敗したので、レジンとUVライトを購入し、修復して見ました。




レジンの固化は、2〜3分かかるのかな、と思っていたらほんの数秒で固化してしまうようです。ただ粘性があるようでそんなにはないので、垂らしてからすぐUVライトを照射する必要があり、レジンを垂らしてからUVライトに持ち帰るのが大変て言えば大変でした。

そのため薄く固化させることは難しいのですが、元々厚さが足りないので相応の厚みができて却ってよかったかもしれません。

でこんな感じで修復できました。なかなかいい感じです。


ナットも切り口をもう一箇所追加し、切削能力を高めました。


しかーし・・再び失敗しました。既存の塩ビ部分がどうしても引っかかってしまいます。


というものの、レジンがあれば過去の失敗も再び克服できます。


またもや失敗でやり直しです。

もう半分以上が機械の体になってしまいましたよ・・・やっぱりダイス必要なのかな・・と思いつつ、もう一回ナット加工ダイスで挑戦です。なんであんなに高いんでしょ。



ダメ元でもう一回ネジを切りなおすと根元までうまくいきました。何回も少しづつ締めて緩めながら徐々に進めていくのが良かったのかもしれません。


で、取り付けて見ました。少しヘッドの角度が違っています。
そのため高い位置でシャワーにすると、洗面台の鏡の側に大量の水が跳ねてしまいます。

当初この修正は難しそうに思いましたが、毎日のことですし悩んでみると解決方法が見え始めました。ちょっと材料を探して見たいと思います。



2017年4月21日金曜日

モバ造 15度のカットに苦しむ

1脚のみ作ったいわゆる馬ですが、その足の15度のカットが手切りなので、どうにかしたいと治具を作って見ました。

丸ノコで30度はカットできるので、それを使い60度のスロープを作ります。こんな感じ。



これに15度で切り込めば、60+15度=75度となり反対側の角度が15度になるという算段。

と、ところがですね・・・


はいっ・・高さが合わず、目論見が外れました・・・とほほ・・

諦めが悪く、15度のカットジグをこしらえ電動ノコでカットしてみることに・・


うまくカットできたように見えますが・・・



な、なんじゃこりゃ!! 5度くらいズレとるんではないでしょうか。

元々の角度がダメなのか、ジグの精度が悪いのか・・わかりませんが、このまま進めるしかありません。

そこで登場したのが精密カットノコ。これ4千円もしたんです(アマゾンで3200円かな・・・)



しかーし、こっちの腕が精密出ないので切り口はぐちゃぐちゃです・・・

仕方ないので、これまで通りカンナとサンダーで仕上げてみまました。

なんとかまともになりましたが、切り口は普通に切ってカンナに頼った方がいいできでしたよ・・・・精密ノコの出番はまだ先の先ですね・・・・


で、足ができたので組み上げて見ました。



2脚とも同じ高さでバッチリです。徐々に完成に近づいてきました。